蜂の子の血圧安定効果

蜂の子に含まれる豊富でバランスの取れた栄養が血圧の安定にも効果があります。とくに、トリプトファンやコリンが精神を安定させ、血管を健康に保つことで血圧安定に作用します。今回は、蜂の子の血圧安定効果についてご説明します。

自律神経を整えて血圧を安定

蜂の子に含まれる必須アミノ酸トリプトファンは肝臓や腎臓で分解され、エネルギー源となります。その一方、脳に運ばれると、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどと結合してセロトニンを生成します。セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンの働きを抑制して興奮や不快感を鎮め、精神を安定させる働きがあります。精神の安定はストレスや疲労の軽減、睡眠を改善して自律神経の乱れを整える効果があります。自律神経は、寝る、座る、立つなどの行為による血圧の変化も調整しています。そのため、血圧をコントロールする自律神経が正常に働くようになると、血圧が安定するようになります

コリンの血圧安定作用

ビタミン様成分といわれるコリンは、神経伝達物質アセチルコリンや油脂の一種レシチンの構成成分となり、血圧安定に作用します。アセチルコリンは自律神経のうち副交感神経を刺激して脈拍を遅くする効果、血管を弛緩させて拡張する効果などがあります。レシチンは脂質の一種ですが、脂質の代謝や細胞膜の生成に関わる成分です。水分と結合すると強い乳化作用があり、余分なコレステロールを引き付けて血管内から排出する働きがあります。そのため、血栓をも溶かして血流をスムーズにしてくれます。さらに、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンの吸収も促進しますので、血管の老化を防ぎ健康を維持する働きを高めます。血圧を安定させるだけではなく、動脈硬化の予防や改善生活習慣病の予防にも有効に作用してくれます。

蜂の子に含まれる栄養成分が精神安定や身体機能改善に働き、血圧を安定させてくれます。蜂の子のサプリなどを利用して体調を整えるとともに、適度な運動も加えて効果をアップしてみてはいかがでしょうか。