蜂の子の甘露煮レシピとアレンジ例

蜂の子の甘露煮は缶詰や瓶詰で市販されていますが、家庭の味で調理するとよりおいしく食べられます。それほど調理が難しい食材ではなく、むしろ、簡単なものです。今回は、蜂の子の甘露煮の作り方と、それをアレンジしたレシピをご紹介します。

蜂の子の甘露煮の作り方

蜂の子の甘露煮の材料は、蜂の子、ハチミツ、醤油、みりん、酒です。

  1. フライパンを熱して、薄く油をひきます。
  2. 蜂の子を入れて中火で炒ります。蜂の子は柔らかいため壊れやすいので、箸などをは使わず、前後左右にフライパンを揺らします。
  3. 表面が少し火が通ったら、ベラやしゃもじなどを使って転がすように炒ります。
  4. 蜂の子がスムーズに転がるよになったら、箸を使っても大丈夫です。
  5. 少し焦げ目がついたところで、酒、醤油、みりん、ハチミツを入れます。
  6. ひと煮立ちしたら、良く絡めて出来上がりです。煮過ぎると食感が失われてしまいますので、手早く絡めるのがポイントです。

蜂の子の甘露煮アレンジレシピ

蜂の子の甘露煮は作り置きしておくと様々な料理にアレンジできますので非常に便利です。

蜂の子の炊き込みご飯

生の蜂の子を使った炊き込みご飯の場合、味付けや煮汁の量の調整が必要になりますので、少し面倒です。しかし、蜂の子の甘露煮を使うと、すでに味付けがされていますので簡単にできます。通常のご飯と水の量を炊飯器に入れて、好みの量の蜂の子を加えます。軽くかき混ぜて炊き上げたら出来上がりです。

蜂の子の卵焼き

蜂の子の卵焼きは、溶いた卵に蜂の子の甘露煮を加えて混ぜます。十分に味付けはされていますので、何も加えなくても大丈夫ですが、好みで塩や醤油などを加えるといいでしょう。玉子焼き機で焼いて出来上がりです。

その他にも、ピザやグラタン、サラダのトッピングなど和風テイストの料理にアレンジできます。

蜂の子の甘露煮は簡単にでき、家族の健康増進メニューに広く利用できます。固定観念にとらわれず、自分なりのアレンジ料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【参考URL】
蜂の子とごはんを組み合わせた、さまざまなメニュー
https://www.iomlondon.org/varrp.htm