蜂の子でめまいを改善

不安や心配事、ストレスが積み重なっていると、立ち上がったときにクラッとめまいがすることがあります。ミツバチ産品である蜂の子は、滋養強壮に効くことで知られ、めまいの改善も期待できる健康食品です。今回は、蜂の子のめまい改善効果についてご紹介しましょう。

めまいの原因って?

ふと立ち上がったときにクラッとするようなめまいの原因としては、自律神経の乱れや、貧血気味であることが挙げられます。

自律神経は、消化・吸収、血圧の調整、体温調節など、私たちの生理機能の多くに関与している神経群です。しかし、ストレスや睡眠不足が重なると自律神経の働きが悪くなり、さまざまな体調不良の原因につながってしまいます。また、耳の奥で体のバランスを調整する働きを持つ「三半規管」も自律神経の影響を大きく受けています。そのため、自律神経の乱れがめまいの原因になることが多いのです。

貧血は、血液中で酸素を運ぶヘモグロビンの量が少なくなっている状態です。貧血気味だと体の各組織に酸素を運ぶ力が低下してしまうため、体がフワフワとするようなめまいが現れやすくなります。特に女性の場合は、月経で血液を失う機会があるため、より注意が必要です。

蜂の子はめまいに効果のある健康食品

蜂の子には、自律神経の改善に効くアミノ酸やコリン、貧血に効くビタミンやミネラルが豊富に含まれています。日々の習慣として摂取することで、めまいを改善するほか、めまいを起こしにくい体質づくりに役立てることができるのです。

自律神経を整えてくれる

蜂の子に含まれる必須アミノ酸・トリプトファンは、「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質「セロトニン」のもとになる成分です。セロトニンは、ストレスや睡眠不足で乱れた自律神経の興奮を抑え、バランス良く機能するように調整してくれます。

また、蜂の子に含まれる「コリン」は、自律神経を身体がリラックスできるように働きかけてくれます。

このように、蜂の子に含まれる成分が自律神経を整えてくれることで、めまいを改善・予防する効果が期待できるのです。

貧血を改善してくれる

蜂の子には、血液の材料となる鉄分や亜鉛、造血作用のあるビタミン類が豊富に含まれています。

蜂の子による貧血改善効果について、もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

まとめ

蜂の子には、自律神経の乱れや貧血の改善に効く成分が豊富に含まれており、めまいを改善する効果が期待できます。ただし、めまいが頻繁に起こる場合や、吐き気を感じたときは、内科もしくは耳鼻科を受診することが最優先です。その上で、普段の食事にプラスして栄養抜群な蜂の子を取り入れてみるのはいかがでしょうか?