蜂の子で精力アップ

蜂の子は、古来より世界各国で滋養強壮に効く食品として重宝されてきました。そんな蜂の子には、男性に嬉しい精力アップ効果があることも分かっています。ここでは、蜂の子に含まれる精力アップ成分についてご紹介しましょう。

蜂の子は精力アップに効く成分がたっぷり

蜂の子には、主に生後21日ほどの蜂の幼虫が使用されています。このくらいの時期になると、羽化に備えて膨大な栄養を蓄えており、ふっくらと大きく育っているのです。

そんな蜂の子には、男性の精力アップに有効な亜鉛・セレン・アルギニン・タウリンが含まれています。

性機能の向上に効く亜鉛

亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれ、性機能向上に大きく関係している成分です。男性の前立腺や性腺には亜鉛が高濃度で存在しており、男性ホルモン(テストステロン)の生成にも必要となります。

また亜鉛は、体内で合成することができず不足しやすい栄養素として知られます。日々の健康習慣として蜂の子を摂取することで、亜鉛不足を予防し、精子の質を向上させる効果が期待できるのです。

精子の形成に必要なセレン

セレンは、精子中にも存在しているミネラルです。活発な精子にはセレンが多く含まれ、不活発な精子にはセレンが少ないとされています。

男性が摂取したセレンの約25~40%は生殖器に送られており、セレンは精力アップに必要不可欠な成分なのです。

生殖器の血流をアップさせるアルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、血管を拡張させて血流を良くする効果があります。男性の生殖器が勃起するには、生殖器の「海綿体」に十分な血液が送られなければなりません。海綿体が充血することで生殖器が膨らみ、勃起力アップに繋がるのです。

また、アルギニンには成長ホルモンの分泌を活発にする効果もあります。成長ホルモンは主に睡眠中に分泌され、精子の細部分裂を促して、精子量をアップさせてくれるのです。

このように、性機能の向上に有効なアルギニンは、精力アップに定番の成分として、多くの精力剤に配合されています。

精子を強くしてくれるタウリン

タウリンはアミノ酸の一種で、精巣内にも存在している栄養素です。筑波大学・浅野敦之(あさのあつし)助教授の研究によると、タウリンを十分に吸収した精子は、女性の生殖器内に侵入しても受精能力をより維持できるとされています。

またタウリンには、体を緊張させて血管を収縮する作用のある神経伝達物質「ノルアドレナリン」の分泌を調整する働きもあります。ノルアドレナリンを調整して、ストレスで過敏になった体をほぐし、勃起しやすい状態にしてくれるのです。

まとめ

蜂の子には、男性の精力アップに効く亜鉛・セレン・アルギニン・タウリンが含まれています。健康食品なので、医薬品のような即効性はありませんが、習慣的に摂取することで体質を改善し、精力アップに繋げることができるのです。

最近力が出ないなと感じている方は、元気をサポートしてくれる健康食品・蜂の子を検討されてみてはいかがでしょうか?