蜂の子サプリを飲むタイミング

滋養強壮に効く蜂の子を使ったサプリメントは、疲労回復や血行促進・美容に効果があります。粒やソフトカプセルを水と一緒に飲むだけなので、毎日継続しやすい点も魅力的ですね。ここでは、1日の中のどのタイミングで摂取すれば、より効果的なのかについて見ていきましょう。

蜂の子サプリはいつ飲むのがいい?

蜂の子サプリメントのパッケージには、1日の摂取目安量が表記されています。しかし、医薬品のように、1日のどのタイミングで摂取するように、ということは表記されていません。これは、「薬機法」で医薬品と食品を区別するように規定されているためです。そのため、サプリメントは1日のどのタイミングで摂取するように、とは表記できません。

とはいえ、飲むタイミングによって身体への効果がより良くなる場合もあります。特に、食事の後、運動の後、就寝前などがおすすめのタイミングです。

食事の後に

私たちの体内の消化器官は、食べ物が入ってくると活動が活発になります。蜂の子サプリを飲む場合は、食後30分以内で消化器官が活発に働いているときが良いでしょう。このタイミングであれば、小腸での吸収がスムーズになるのです。

また、食事前で空腹のときは消化器官が活発に働いていません。このタイミングで蜂の子サプリを摂取すると、まれに胃もたれや胸やけを感じてしまう方もいるため、避けておいた方が無難です。

運動で疲れた後に

蜂の子は、アミノ酸を豊富に含んだ食品です。アミノ酸の中には、体内で合成することのできない9種類の必須アミノ酸も全て含まれています。これらの必須アミノ酸には、筋肉のダメージの回復を促す作用を持つものもあるのです。

ジョギングなどの運動後に蜂の子サプリでアミノ酸を補給することで、疲労回復や翌日の筋肉痛のリスクを減らす効果が期待できます。

就寝前に

蜂の子に含まれるアミノ酸の一つに「グリシン」というものがあります。味の素株式会社の研究において、就寝前にグリシンを摂取することで末梢血流を増加させ、手足の先から熱を放出してスムーズに入眠できる効果があることが報告されました。

就寝の約1時間前に蜂の子サプリを摂っておくことで、睡眠の質をアップさせる効果が期待できるのです。

蜂の子の快眠効果について、もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

数回に分けて飲む方が良い

蜂の子には、ビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は水に溶けやすい性質を持っており、数時間ほどで尿と共に排出され、体内に蓄積しにくい栄養素です。そのため、一度にまとめて摂取するよりも、数回に分けてこまめに摂取する方が望ましいといえます。例えば、1日に3粒が目安のサプリであれば、朝・昼・夕で1粒ずつ摂取するのがおすすめです。

まとめ

蜂の子サプリは健康食品なので、基本的にいつ摂取しても問題はありません。ただし、食事の後・運動の後・就寝前に摂取しておくと、より身体への健康効果が期待できます。

蜂の子サプリを摂取する上で何よりも大切なことは、継続することです。食事の後や就寝前など、摂取する時間を決めておくことで、飲み忘れを予防できるというメリットもあります。