蜂の子の食べ過ぎは問題ある?

蜂の子は高級珍味で価格的にも食べ過ぎるということは少ないものですが、経済的に余裕があっても食べすぎは好ましくはありません。今回は、蜂の子の食べ過ぎによるカロリーオーバーや塩分の摂りすぎについてご説明します。

カロリーオーバーに注意

蜂の子はタンパク質やビタミン、ミネラル、脂肪酸などを豊富に含んだ栄養価の高い食品です。とくに、アミノ酸スコア100点といわれるように必須アミノ酸もバランスよく豊富に含んでいます。この点だけを見ると、非常に優れた食品です。しかし、食事は蜂の子だけを食べるものではありませんので、全体の栄養バランスを考える必要があります。牛や豚などの肉類に比べると脂肪やカロリーは低いものですが、たくさん食べすぎると、栄養バランスが崩れ、カロリーオーバーとなることもあります。ダイエットに優れた食材でも、食べ過ぎると逆効果になります。体重やコレステロールを増加させることにもなります。食事の中の一品として適度に食べる程度にして、全体のバランスをとることが大切です。

塩分の摂りすぎに注意

市販されている蜂の子で手に入りやすいのは佃煮や甘露煮といったすでに加工されたものです。生の蜂の子を調理する際も、淡白なものだけに塩を加えすぎる傾向があります。とくに、おつまみとして調理するときには、塩や醤油を多く加えがちです。塩分の摂りすぎは高血圧の原因ともなりますので、食べる量を調整したほうがいいでしょう。産地の食べ慣れた方は、2~3日に1度、ごはんの上にパラパラっと振りかける程度という方もいます。食べる頻度や量を調整して、塩分の摂りすぎに注意しましょう。

アレルギーに注意

食物アレルギーに配慮するためにも食べすぎは避けましょう。大人になってから突然食物アレルギーを発症することがあります。蜂の子も蜂製品で、アレルゲンとなりやすいタンパク質を豊富に含んでいます。毎日食べている食物からもアレルギーを発症することがありますので、アレルゲンとなる可能性のある蜂の子は節度を持った食べ方が必要でしょう。

蜂の子を食べすぎる可能性は低く、一時的な食べ過ぎで問題が発生する可能性も低いものです。しかし、蜂の子の効果を活かすためには、食事全体の栄養バランスを考え、食べ過ぎないことが大切です。

【参考URL】
蜂の子でアレルギーが起こる可能性はあるの?
https://www.juriflash.com/conseil_juridique/droit/litige-indemnisation-suite-a-interuption-de-voyage-jai-besoin-de-conseil-juridique/