蜂の子で血行を改善しよう

長時間同じ姿勢でデスクワークをされる方や、不安や緊張を感じているときは、血液の流れが悪くなりがちです。血液の流れが良くなると、肩こりの改善、冷え性の改善など、健康にとって良いことがたくさんあります。今回は、血行アップによく効く健康食品「蜂の子」についてご紹介しましょう。

蜂の子の血行促進成分

血液は、全身の隅々まで栄養を送り届ける働きや、体に温度を与える役目を持っており、私たちの健康を保つ上で中心的な役割を果たしているといえます。

健康食品として有名な蜂の子には、血行改善に関わるビタミン・ミネラル・アミノ酸など豊富な栄養素が含まれているのです。

体の代謝を良くするビタミンB群

ビタミンB群は、食物から摂取した糖質や脂質を、体のエネルギー源として代謝させる働きがあります。そのため、ビタミンB群をしっかり摂っておくことでエネルギー代謝を促進し、血液の流れも良くなるのです。

特にビタミンB群のうちの「ナイアシン」は、手先や足先に張り巡らされた毛細血管の血流を良くする働きがあり、血行改善に大きく関わっています。

抗酸化作用のあるビタミンC

蜂の子には、抗酸化作用があることで知られるビタミンCも含まれています。抗酸化作用とは、血液中の老化物質として知られる「活性酸素」の発生を抑える作用のことです。活性酸素を抑えることで、血液中の脂質の酸化を防ぎ、サラサラな血液を維持する効果が期待できます。

また、ビタミンCは血管壁を構成しているコラーゲンの合成にも欠かせません。血管壁内に存在するコラーゲンは、血管の強度と弾力性の維持に関わっています。強くしなやかな血管を保つことで、血行改善にも繋がるのです。

血管拡張作用のあるアルギニン

アルギニンとは、蜂の子に豊富に含まれているアミノ酸のうちの一つで、血管を拡張させる作用を持っています。そのため、血行改善に役立つのです。

また、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。成長ホルモンは、主に夜寝ているときに分泌され、全身の細胞の修復や再生を活発にするため、血液の流れも良くしてくれるのです。

血液の生成に欠かせない鉄分

蜂の子には、カルシウム・マグネシウム・亜鉛など、普段の食生活で不足しがちなミネラルが豊富に含まれています。中でも鉄分は、血液の主成分である赤血球の生成に欠かせない栄養素です。

蜂の子で期待できる造血作用について、もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

自律神経の働きを良くするコリン

蜂の子に含まれるコリンは、脳内の神経伝達物質「アセチルコリン」を作るのに欠かせない栄養素です。アセチルコリンは、体温調節や血行を支配している自律神経の興奮を抑える作用を持っています。

ストレスや緊張を感じていると、自律神経が興奮して血管を収縮させるように働きます。アセチルコリンで自律神経の興奮を鎮めることで、血管を緩やかに拡張させて血行を良くし、ストレスの解消にも繋がるのです。

まとめ

健康食品の蜂の子は、血行改善に効くビタミン・ミネラル・アミノ酸が豊富に含まれています。毎日の健康習慣として摂取することで、血行の良い状態を保ち、冷え性や肩こりを予防する効果が期待できるのです。

運動する時間をなかなか取れない方や、仕事上デスクワークの時間が長い方は、血行促進に効く蜂の子を検討されてみるのはいかがでしょうか?