蜂の子のカロリーと栄養素

蜂の子は栄養豊富でありながら低カロリーで、美容や健康効果の高い食品です。アミノ酸やビタミン、ミネラルが代謝を促進してダイエット効果もあります。今回は、蜂の子のカロリーと栄養素についてご説明します。

低カロリーの蜂の子

蜂の子は100gあたり約111.9kcalと低カロリーの食品です。蜂の子はローヤルゼリーやハチミツ、花粉などの栄養価の高い食品を食べて育ちますので、高カロリーな食品と思われがちです。また、佃煮や甘露煮で食べられることが多いため、調理後の100gあたり約250kcalとなることも高カロリーだと思われる理由です。しかし、佃煮や甘露煮を100gも食べることは考えにくいことですから、カロリーを気にする必要はないと言えます。

高タンパクで代謝促進

蜂の子はアミノ酸スコア100点満点で、必須アミノ酸をバランスよく豊富に含んでいます。非必須アミノ酸も9種類含んでおり、体内で生成されるアミノ酸を補います。アミノ酸は、骨や筋肉、内臓、血液、ホルモンなど身体のすべての細胞や組織を構成する成分であり、代謝促進の原動力となります。ビタミンやミネラルも身体を作り、代謝を促進する働きがありますので、骨や筋肉を強くして免疫力を高め、身体を若々しく保ち、健康を増進します。また、アミノ酸はコラーゲンを合成しますので、潤いのある肌を作ってくれます。

ダイエット効果

アミノ酸には成長ホルモンの分泌を促進し、新陳代謝を活発にする働きもあります。成長ホルモンの分泌が高まるだけでも代謝を促進してダイエット効果がありますが、適度な運動を加えると、さらに効果はアップします。筋肉が強くなり、増量すると、燃焼効率が高くなりますので、余分な脂肪も落ちやすくなります。蜂の子のサプリメントを利用して、運動の前後や夕食後などにタイムリーに摂取すると、大幅な効果アップが期待できます。

蜂の子は低カロリーで、しかも含まれる栄養素の働きによりダイエット効果が期待できます。蜂の子のサプリメントを利用して、タイミングを逃さずに摂取すると、さらに効果がアップします。ぜひ、お試しください。