蜂の子で生活習慣病を予防

生活習慣病とは、高カロリーで塩分の多い食事に偏った食生活や運動不足など、望ましくない習慣が積み重なって現れる症状を総称したものです。代表的なものでは、肥満や高血圧が挙げられます。地方で古くから親しまれてきた「蜂の子」は、生活習慣病の予防が期待できる健康食品として、徐々に注目度が高まっているのです。

蜂の子の栄養素は生活習慣病の予防に効く

蜂の子には、生後21日くらいの蜂の幼虫が用いられ、羽化に備えて膨大な栄養素が蓄えられています。ビタミン・ミネラル・アミノ酸など、私たちの健康に欠かせないものばかりです。

生活習慣病を予防するには、栄養バランスの良い食事と、適度な運動が何よりも大切になります。栄養豊富な蜂の子を摂取することで、少しずつ体質を改善し、肥満や高血圧といった生活習慣病のリスクを減らすことができるのです。

脂肪の蓄積を防ぐビタミンB群

ビタミンB群は、食べ物から摂った糖質・脂質を分解して、エネルギーとして代謝するのに必要な栄養素です。ビタミンB群が不足していると、余った糖質・脂質が中性脂肪として体内に蓄積され、太りやすい体質になる可能性があります。

ビタミンB群をバランス良く含む蜂の子を摂取することで、肥満を予防する効果が期待できるのです。

高血圧の予防に必要なカリウム・カルシウム・マグネシウム

蜂の子には、カリウム・カルシウム・マグネシウムなど、現代人に不足しがちなミネラルがバランス良く含まれるため、ミネラルの補給源として優秀な健康食品だといえます。
こうしたミネラル類は、代表的な生活習慣病である高血圧の予防には欠かせない栄養素です。
カリウムは、血液中の余分な塩分を、汗や尿と一緒に排出させるよう働きかけてくれます。日頃からカリウムを十分に摂っておくことで、高血圧のリスクを減らすことができるのです。
カルシウムやマグネシウムは、血管の収縮と拡張を助ける働きがあります。カルシウムは血管を収縮させる働きをサポートし、マグネシウムは血管の拡張を助けることで、それぞれ血圧を正常に保つよう働きかけてくれるのです。

睡眠の質を高めるアミノ酸

質の良い睡眠は、体本来の自然治癒力を活性化させ、生活習慣病のリスクを大きく低下させます。

蜂の子に豊富に含まれているアミノ酸は、質の良い睡眠に欠かせないホルモン「メラトニン」の分泌を活性化させる働きがあるのです。蜂の子を習慣的に摂取することで、睡眠の質を向上させる効果が期待できます。

蜂の子による睡眠への効果について、もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

まとめ

蜂の子は、普段の食生活で不足しがちなビタミン・ミネラル・アミノ酸を摂取できる優れた健康食品です。

生活習慣病を予防するには、栄養バランスの良い食事と適度な運動が重要になります。蜂の子を摂取した上で、エレベーターではなく階段を使う、30分ほどのウォーキングなど軽い運動を取り入れてみると、より生活習慣病の予防が期待できるでしょう。